IMG_0593

「NARUTO 暁秘伝 咲き乱れる悪の華」
原作:岸本斉史
小説:十和田シン

『うちはサスケが旅の途中で出会った少年。彼は語る。
"暁"によって家族を殺されたのだと。
"暁"―それは赤雲浮かぶ黒衣を纏いし異能の集団。
彼らは殺し、奪い、焼いた。己の為、愛する者の為、金や祈りの為、芸術の為、
平和の為、希望に咲く花の為。
新しい忍の夜明けに照らされたのは、かつて悪と呼ばれた者たちの真実。』


今回のこの暁秘伝が秘伝シリーズの最終巻となる。
今までの小説は原作の後の話だったけど、今回は過去の話がメインになっている。

内容は暁メンバーそれぞれにまつわる話。

面白い話が多いけど、個人的にはデイダラとサソリの話が特に面白かったな。
意外とデイダラのキャラクターが好きなんだよね。
自分の芸術のためなら妥協をしない姿勢は彼らしいと思う。
そして、なぜだかこの話に関してはあまり悪いことをしているようには思えない。
町ひとつ爆破するのはやりすぎだけどな。

イタチの話ももちろんあるんだけど、この話が現在のサスケに絡んでくるのも面白い。
やはりイタチのサスケに対する兄弟愛は素晴らしいものがあるよね。

さて、これで秘伝シリーズを制覇したので次は最近発売された真伝シリーズを読むつもり。
これはイタチとサスケに焦点を当てた話で、特にイタチの話は楽しみ。
真伝シリーズは全3冊刊行予定なので、まだしばらくNARUTOを楽しめそうだな。