さて、合宿最初の目的地は伊豆半島のやや南側、南東に位置する新感覚の動物園。

IMG_0006

「iZOO」

イズーという名前の動物園。伊豆だけにね。
ここは体感型動物園というのがウリだけど、もっと詳しく言うと普通の動物園にいる動物はいない。

IMG_0007
このポスターを見ればよく分かる。
ペンギン、イルカはいません。ライオンやゾウ、キリン、シマウマもいません。
いるのは爬虫類。ワニ、ヘビ、カメ、トカゲ、イグアナ、カメレオン。
そうゆう生き物たちばかりの新感覚動物園。爬虫類が苦手な人には結構キツイかと。

しかも、最高なのがこの動物園のテーマソング。
CMでも使われているんだけど、園内には終始この歌が流れていて嫌でも耳に残る。
是非一度、動画サイトで検索して聴いてみてほしい。


IMG_0018
ジャクソンカメレオン。
入園料を払って建物に入るとすぐに記念写真を撮ってくれる。
そのすぐ後ろに木があるんだけど、枝の間にこいつらが隠れていた。
注意して見ないと意外と分からない。

知らなかったんだけど、カメレオンも脱皮するんだね。
こいつは脱皮したての形跡が残っている。
そして、枝を握っている手が何ともいえず可愛い。


IMG_0029
展示室の床にはウッドチップが敷き詰められていて、ここを歩いて進んでいく。
この造りが面白いよね。これには理由があるんだけど、それはもうちょっと進んでいくと分かる。


IMG_0048
ヒロオビフィジーイグアナ。
綺麗なエメラルドグリーンの体色のイグアナで、「地球で最も美しいイグアナ」とも呼ばれている。
絶滅危惧種で、日本では唯一ここでのみ飼育繁殖が試みられている。

IMG_0068
エグズーマツチイグアナ。
カリブ海のバハマ諸島にのみ生息している希少種のイグアナ。
絶滅危惧種で、残存個体数は1000頭以下となっているらしい。
植物を主食としているが、ハトのフンも好んで食べるという変わった嗜好の持ち主。

IMG_0107
ナタールニシキヘビ。
アフリカ大陸最大のヘビで、全長は7mを超えることもある。
気性が荒く凶暴な面を持っていて、人を襲って食べた例も数多くある。

IMG_0128
ブラックマンバ。
つぶらな瞳の見た目とは裏腹に激ヤバなヘビ。
毒蛇の中ではキングコブラに次ぐ世界第2位のサイズだけど、毒の強さは最も強くて
世界最強の毒蛇として名高い。動きも速く攻撃的という恐ろしすぎるヘビ。

IMG_0137
キングコブラ。
世界最大の毒蛇で、ヘビを主食とすることからキングの名称がつけられている。
毒が大量なため、ゾウをも倒すといわれている。人間が噛まれると死亡することが多い。


IMG_0155
で、さっき床にウッドチップが敷き詰められていると言った理由がこれ。

IMG_0177
もはや放し飼いといった感じでその辺の通路を歩き回っている。

IMG_0188
意外と移動のスピードは速い。


IMG_0162
イリエワニ。
川から海にまで棲息することからイリエワニと呼ばれている。
世界最大だと8.5m以上の個体もいるらしい。そんなんに遭遇したらマジで一巻の終わりだな。

IMG_0204
ミズオオトカゲ。
全長2.5mを超える大型のオオトカゲ。死肉や魚、小動物などを食べている。
飼育していると人によく馴れるトカゲらしい。


IMG_0186
ふれあいコーナーではワニとヘビに触ることができる。
ヘビは本当に触るだけなんだけど、なんだか今まで触ったことのないような触感。
ヌメッとしている感じ。

IMG_0181
ワニの方は持ってみることもできる。持ち方はこの持ち方と決まっている。
口は開かないように固定されているので、そこは安心。こいつも面白い触感をしている。
今回、ワニもヘビも生まれて初めて触ったかも。


IMG_0216
ガラパゴスゾウガメ。
建物の外にも爬虫類たちがたくさんいて、このエリアはカメが多い。
世界最大のリクガメで、日本で唯一ここでのみ触れ合うことができる。
他の種類になるけど、アルダブラゾウガメも巨大なカメで、子供なら甲羅に乗って記念写真が撮れる。

IMG_0220
アルパカ。
普通の動物にもいそうな動物にやっと遭遇した気分。
だけど、今まであんまりアルパカを見たことはないような気もする・・・。


IMG_0236
ミシシッピアカミミガメ。
通称ミドリガメと呼ばれているカメ。
この池にはとんでもない数のミドリガメがいるけど、これは飼いきれなくなったものを引き取った個体。
今では池や川などにも生息しているけど、本当は日本の野生にはいてはいけない外来種のカメ。

IMG_0240
こいつが隙間に入ったご飯を食べようと石を登ってくるんだけど、位置的に
どう頑張っても取れない場所にご飯が置かれている。
何度も挑戦してはこけて池に落ちている姿がちょっと可愛かった。


IMG_0251
カメレオンの屋外飼育をやっていて、木を中心にたくさんのカメレオンがいた。
これが、柵的なものがほとんどないので、逃げちゃったりしないのかこっちが心配になる。
まぁそのあたりは大丈夫なんだろうけど。

IMG_0259
すぐ目の前にいるので手を伸ばせば触れてしまう距離。
極端な話捕まえようと思えば捕まえられると思う。
それにしてもカメレオンの目ってのは本当にギョロギョロしていて、目だけが動くんだね。


IMG_0267
ブラブラフィジーイグアナ。
最初の方に紹介したヒロオビフィジーイグアナに負けない美しさを持つイグアナ。
フィジーイグアナはヒロオビ、タテガミ、ブラブラの3種類がいて、このブラブラは2008年に
新種として発見されたイグアナらしい。だいぶ最近のことってのにびっくりだよ。

IMG_0275
エメラルドツリーボア。
こいつもかなり綺麗な色をしているヘビで、木の枝に巻き付いていることが多い。


ここからはちょっと閲覧注意。
IMG_0283
この文字を見ているだけでゾッとするけど、実物を見ると愕然とする。

IMG_0284
これがそのゴキブリの塔なんだけど、剥き出しです。
普通はプラスチックケースとかガラス越しだけど、自分とゴキブリを隔てているものは何もない。
しかも、2000匹というとんでもない数。
パッと見はあんまり分からないけど、近づいてみるとウヨウヨいるよ。

IMG_0286
説明書きには「滅多に飛ばない」と書いてある。
てことは飛ぶことは飛ぶんだよな?怖すぎるだろこれ。考えただけでも鳥肌が立つわ。

IMG_0311
タンザニアジャイアントブラックオオヤスデ。
アフリカに分布する世界最大級のオオヤスデ。足がとんでもないことになってるね。
敵に襲われると、刺激臭のする液体を出して身を守るらしいが、
こいつの体から液体が出てるっぽいんだよね。


最後は可愛いもので締めます。
IMG_0315
黒いアマガエル。
突然変異により生まれながらに黒色色素が多いためにこんなに黒い色をしている。
これを「メラニスティック」と言うらしく、「アルビノ」とは逆の現象になる。
つぶらな瞳が可愛いぜ。


IMG_0480
これはお土産コーナーにあったんだけど、「わたなべくん」という名前のカエル。
全く以てネーミングの意味が分からない。
カメレオンのレオくんとかなら分かるんだけど、カエルに「わたなべ」要素はゼロだよな?
不思議すぎて3人で笑ったわ。


ちなみに今回は食べなかったので紹介しないんだけど、
ここのレストランではシャムワニの肉を食べることができるみたい。
串焼きにカレー、ラーメンと他にもワニ肉を使った料理がたくさん揃っている。

他にも、有料になるけど爬虫類と一緒に記念写真も撮れるサービスがあったりもする。
個人的にはなかなか好きな動物園だったな。
終始流れ続けているテーマソングのでいかもしれないけど・・・。





 ★「iZOO」の情報★
アクセス : 河津駅から車で5分
住所 : 静岡県賀茂郡河津町浜406-2
電話番号 : 0558-34-0003
入園料 : 1500円
営業時間 : 9:00~17:00
定休日 : なし