ツアー最後の目的地は世界最大の大仏がある東本願寺。
ここは自分が学生の時に一度行ったことがある。

IMG_3806


「牛久大仏」

当時も思ったことだけど、ここの大仏は想像以上にデカい。
おそらく誰が行っても間違いなく想像を超えた大きさにビックリすると思う。
その大きさは120mで、自由の女神よりも大きく、奈良の大仏が掌に乗ってしまうサイズ。

IMG_3807
遠くから見ても一発でその存在に気付くデカさ。
牛久というのは結構な田舎なので、周囲に高層建造物は全くない。
なので、より一層目立つ。

IMG_3825
人の大きさと比べるとそのデカさはよく分かる。

IMG_3831
こっちだとさらによく分かる。とにかくデカい。

IMG_3869
真下から見上げるとてっぺんは遥か上空に見える。

IMG_3847
足元には香炉があるんだけど、大仏が世界一なら香炉も世界一の大きさ。


で、この大仏、外から眺めるだけではなくて中に入ることが可能。
IMG_3872
入口は大仏とは思えないような現代風な造りになっている。

IMG_3878
右足の親指先端部分の実物大模型。
これだけでも人一人を超える大きさがある。

IMG_3889
大仏の全景の画像を見れば分かると思うけど、胸の部分に3本の縦線がある。
これが、中からだと窓になっていて外を見渡せるようになっている。

IMG_3896
無数の仏像も安置されている。奉納することで名前も載せて安置することができる。
ちなみに小さいのは30万円、大きいのは100万円。とんでもない金額だな・・・。


そして、ある意味大仏よりも見どころなのが足元の近くにある池。
ここには狂気の鯉たちがいる。
IMG_3858
あまりにもご飯を求める気持ちが凄すぎて、もう池から半分出ちゃっている。
どんだけ腹が減ってるんだ、こいつら。

IMG_3866
どいつもこいつもこんな状態だよ。

ずっと前に伊豆の大瀬崎という場所に行ったんだけど、あそこの鯉も凄かった。
大瀬崎の鯉はもっと凄くて、おとなしくなんかしていない。
終始ばちゃばちゃと跳ねまくっていて、あれこそ狂気を体現したものだった。
それに比べればマシだけど、かなりの見ごたえはある。


今回の珍スポバスツアーはここ牛久大仏が最後で、この後はまた東京へ戻って帰宅。
もしもまたこうゆう企画を開催してくれるならまた参加してみたいね!
個人的にはなかなか行けない場所も団体だったら行きやすいし、
共通の価値観を持っている者同士で楽しめる。

松澤さん、次回の開催も期待しています!





 ★「牛久大仏」の情報★
アクセス : 牛久駅から車で15分
住所 :  茨城県牛久市久野町2083
電話番号 : 0298-89-2931
利用時間 : 9:00~16:30
定休日 : なし
拝観料 : 800円