公開前は正直あんまり期待していなかったのが本音。
だって、こうゆう過去のシリーズが復活して当たりだったことがない。

でも、公開されると意外にも大絶賛の嵐。
そんなに評価が高いとやっぱり気になるよね。
てことで観に行ってきた!

poster2
 「ジュラシック・ワールド」
監督:コリン・トレボロウ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ビンセント・ドノフリオ

『世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。
恐竜の飼育員オーウェンが警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレアは
遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。
知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス・レックス。
そんな凶暴なインドミナス・レックスが人間を欺いて脱走してしまう。』


これはもうハッキリ言っちゃうけど、マジで最高に面白かった!
数年面白い洋画に出会ってないけど、これはダントツの面白さ。
ここまで手放しで絶賛できるのは本当に久々!ダークナイト以来かもな。

今回初めてIMAX3Dを体験してみたんだけど、その効果ですごい大迫力!
でも、IMAX3Dでないとしてもジュラシック・ワールドの面白さは変わらない。

物語も普通の映画なら最初の導入がダレることが多いけど、
初っ端から即行でジュラシック・ワールドに行くことになる。
わりと長めの上映時間だけど、途中でダレることもなくずっとドキドキハラハラの展開。

初めてジュラシック・パークを観た時と同じぐらいの興奮と衝撃。
マジで最高の映画だわ!

で、今回の舞台はジュラシック・パークと同じ島で、ところどころ同じ場所が出てくるのは嬉しい。
音楽も同じものが使われていたりと、当時ジュラシック・パークを観た人にはとにかく堪らない。

新種の恐竜を造り出したり、ヴェロキラプトルを調教したり、ちょっと無理な設定かと
思っていたんだけど、それもそんなに違和感には感じずに観ることができる。
ラプトルを操る様はカッコよくすらある。

最後のインドミナスとの戦いでラプトルが味方になってくれるのも面白い展開。
その後にTレックスが現れての共同戦線も面白い。
まぁとにかく語ったらキリがないほど名シーンがたくさんある。
ありがちな展開の話なんだけど、なぜかめちゃくちゃ面白いんだよね。

これはブルーレイが出たら絶対に買いだね!