世間的にも結構話題になっている作品で、俺も以前がら気になっていた。
まず予告編からして面白そうな雰囲気が満ちている。

しかし、あまり期待しすぎると大抵裏切られるのが関の山。

で、今日は平日にも関わらず仕事が早く終わったので観に行ってきた。

22969
 「ソロモンの偽証 前篇・事件」
監督:成島出
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生
原作:宮部みゆき

『バブル経済が終焉を迎えつつあった1990年12月25日のクリスマスの朝、城東第三中学校の
校庭で2年A組の男子生徒・柏木卓也が屋上から転落死した遺体となって発見される。
警察は自殺と断定するが、さまざまな疑惑や推測が飛び交い、やがて札付きの不良生徒
として知られる大出俊次を名指しした殺人の告発状が届き、事態は混沌としていく。
遺体の第一発見者で2年A組のクラス委員を務めていた藤野涼子は、
柏木の小学校時代の友人という他校生・神原和彦らの協力を得て、
自分たちの手で真実をつかもうと学校内裁判の開廷を決意する。』


事件篇を見ただけでは何とも言いようがない。それが正直な感想。
いくつもの伏線があって、それが裁判篇でどうなるのか、
それでこの映画の面白さが決まってくると思う。

この前篇は裁判篇への長い長い前置きに過ぎない。

大出たちがいじめをしている現場を見てしまった藤野へ言い放つ柏木君の言葉
「見て見ぬふりをするのか?そういうのが一番悪い。口先だけの偽善者だ。」

この言葉が痛いね。

藤野涼子にとっても亡霊のように付きまとう言葉で、
この言葉で自殺を図ろうとすると同時に、
この言葉で真実を明かすために学校内裁判を起こす決意をする。

神原もどうやらこれに似たような言葉に思い入れがあるような気配を感じる。
だからこそ柏木君をめぐるこの事件に対してここまで力を入れているんだろうな。

ちなみに世間でも何かと話題になっている主人公の藤野涼子の演技は本当に素晴らしかった。
今回が初演技とは思えないほどの演技だよ。

後篇の裁判篇は俺の心を震わせてくれるような裁判を期待するかな。
親も教師も関係なく、子供たちだけの力で真実を突き詰めていって、
その先に導き出した真実と答えに対して彼らはどうゆう決断を下すのだろうか?

今の段階ではまだ何とも言えない作品。名作になってくれることを期待してる!