ここも俺が一度ちゃんと来てみたかったお寺。
前に来たことあったんだけど、その時から大混雑のお寺だった。

当時はその理由を全然知らなかったから不思議に思っていた。
で、後から知った話だと、ここの住職の説法がえらい面白いらしい。

IMG_5735


「鈴虫寺」
正式名称は華厳寺といって、臨済宗のお寺。
とにかく有名なのは住職の説法。
堅苦しい話ではなくて、むしろ笑えるくらい面白いらしい。

IMG_5734
階段を上っていくと寺の入口にたどり着く。
この左側にはお地蔵さんがあるんだけど、これはあとで説明する。

IMG_5720
門をくぐって境内に入るんだけど、正直言うと結構道が狭くて
傘をさしながらだと人同士がすれ違うのもちょっと大変。

IMG_5711
で、うちらは4時半からのその日最後の説法を狙ってここに来たんだけど、すでに長蛇の列。
これでも少ない方らしく、一番混雑する時の半分ほどみたい。

この奥にある書院へ入って住職の説法を聞くことになる。
席に着くと机にはお茶とお菓子が用意されていて、飲み食いしながら説法を聞ける。
ちなみにこれもお寺の作法のひとつなんだとか。

書院へ入るとすぐに分かるほど鈴虫の鳴き声が聞こえてくる。
ささやかな感じではなくて、大合唱しているからすぐに分かる。

そう、この鈴虫寺はその名前の通り鈴虫がいる。
今から先々代の住職が飼い始めて今では3000匹ほどの鈴虫がいるらしい。
しかもここのすごいところは、一年中いつでも鈴虫が鳴いていること。

普通は秋にしかいない鈴虫を、徹底した空調管理と温度管理の下で秋の部屋、
冬の部屋、夏の部屋と循環させて常に成虫の鈴虫がいる状態を保っている。

で、お目当ての説法が本当に面白かったね!
ちゃんとした説法の話なんだけど、なんだか漫才を見ているような感じで
笑いありの真面目な話をたくさん聞かせてもらった。

で、説法の中心となっているのがこの鈴虫寺にある「幸福地蔵」の話。
これは全然知らなかった。

IMG_5728
このお寺はこの「幸福地蔵」が有名なんだってね。
どんな願い事もひとつだけ叶えてくれるというお地蔵さん。

このお地蔵さんに願掛けをするために鈴虫寺へ訪れるらしい。

普通のお地蔵さんと違うのがわらじを履いているということ。
日本でもここだけなんだとか。
その理由は、願い事を叶えるために皆の元へ行くから。
なんて素敵なお地蔵さんなんだろうね。

で、ここからは説法の内容になるんだけど、大事なのは願い事はひとつだけを選ぶこと。
そしてそれは自分自身に帰属するものであること。
人のための願いではなく、自分自身のための願いでなければならない。

これが意外と難しい。
ひとつだけに絞るということは、自分自身にとって一番大事なことが何なのか、
というのを考えるのと同じこと。

つまり、自分にとって何が大事なのか考える、その過程が大事。
まぁそうゆうこと。

そしてその願いをお地蔵さんに願い、叶ったらお礼参りをしてまた新しいお願いをひとつする。
そうやって繰り返しこのお寺へ訪れる人が多いんだとか。


本当に有意義な時間が過ごせる素敵なお寺だったね。
是非ともまた来てみたいな。
できれば、願いが叶ってお礼参りって形で行くことができたらいいよね。





 ★「妙徳山 華厳寺 鈴虫寺」の情報★
アクセス : 嵐山駅からバスで15分
住所 : 京都府京都市西京区松室地家町31
電話番号 : 075-381-3830
開門時間 : 9:00~17:00
説法 : 500円