poster3
 「紙の月」
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一
原作:角田光代

『バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く
平凡な主婦・梅澤梨花は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが
好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。
一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、
年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。
彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚が麻痺してしまった梨花は、
顧客の預金を使い始めてしまう。』


いやー、この話はよくないね。
自分の職業柄、あまりにも身近な話題で色んなことが分かっているから面白かった。
でも、主人公はあまりにも倫理観が無さすぎるだろ。

なんだか社内研修とかで、こんな風になったら駄目ですよっていう
教育のビデオを見ている感じだった。

展開が突拍子もない部分もあるんだけど、ハラハラする場面もあって楽しめる。
しかしラストはちょっと・・・。ちゃんと捕まってほしかったんだけどな。

宮沢りえの演技も見事で、すごい良かったのでそこは見所。


とにかく、悪いことは必ずばれるからやっちゃ駄目!